大森南朋

先週この映画を観てきました。

笑う警官

映画は自宅で観るDVDと違って
途中で休憩をはさめない…と思うと余計に体が反応して
始まって1時間あたりで必ずトイレに行きたくなります。

あと、
1,800円も払っている(大体はレディースデイに行くので1,000円なのですが)という気負いからか
しっかり観てやるぞ!思えば思うほど、予告から真剣に見すぎて本編で深い眠りに誘われます。

でもこの映画は途中トイレに猛ダッシュすることはあっても
私にしては珍しく最後まで眠ることなく、ハラハラしながら見入ってしまいました。

宮迫さん目的で行ったのですが
帰りは大森南朋さんの大ファンになってしまってました。

で、調子に乗って買ってしまいました。

巡査の休日

佐々木 譲 / 角川春樹事務所



ここしばらく東野圭吾さんにハマっていたので、
違う作家さんの文章を読むのは、すごく新鮮です。
[PR]

by goku-59 | 2009-11-25 21:16